医療機器紹介

最先端の設備を導入し、正しい診断と、より良い治療を選択できるよう環境を整えています。

体外循環装置

体外循環装置の写真

心臓の代わりに全身の臓器へ酸素化された血液を送るための機器です。心臓外科手術を行う際に、血液循環やガス交換、体温調節などを行います。

CアームX線撮影装置

CアームX線撮影装置の写真

Cアームは透視(レントゲン画像を動画で映し出す)機能をもち、リアルタイムのレントゲン画像を抽出することのできる外科用レントゲン装置です。可動性があり、あらゆる角度からレントゲンの撮影ができる為、手術中でもレントゲンの撮影が可能です。また、心臓や血管などにカテーテルを挿入して検査や治療を行うカテーテルインターベンションにも使用されます。

超音波診断装置

動物の不整脈を24時間体制で記録してくれる心電図です。通常の心電図では検出することが困難な場合に、失神などの原因となる不整脈の原因究明に役立ちます。ペースメーカー埋め込みの診断の為に必要な検査です。

ホルター心電図

CアームX線撮影装置の写真

Cアームは透視(レントゲン画像を動画で映し出す)機能をもち、リアルタイムのレントゲン画像を抽出することのできる外科用レントゲン装置です。可動性があり、あらゆる角度からレントゲンの撮影ができる為、手術中でもレントゲンの撮影が可能です。また、心臓や血管などにカテーテルを挿入して検査や治療を行うカテーテルインターベンションにも使用されます。

胸腔鏡(4K)

CアームX線撮影装置の写真

胸腔鏡は胸腔内の観察・治療を行う内視鏡です。従来であれば 大きな傷ができてしまう手術でも傷が小さく痛みが少ないことから、術後の回復が早く体に負担が少ないことが特徴です。また、当院の胸腔鏡システムは4K画像であり、非常にきれいです。そのため、患者さんにより低侵襲心臓手術(minimal invasive cardiac surgery: MICS)の応用も試みています。